「ジュニア・アカデメイア」第2期生 政策提言発表会プログラム 2018年3月19日 13時00分~ ザ・キャピトルホテル東京

ジュニア・アカデメイアとは

人材を育てるという「日本アカデメイア」の設立当初からのミッションに基づき、
志のある大学生・大学院生を対象として創設されました。
一方通行の講義ではなく、次の時代を担う学生が主体となって、
日本が直面する解決困難な課題について学び、考えることを主眼としています。
日本の将来を担う人たちが育つ新しい仕組みづくりとして、「中核的人材」の育成をめざしています。
今回の政策提言発表会は、ジュニア・アカデメイアの学生が
自主的にグループを編成し取り組んだ研究内容を政策提言として発表したものです。

運営体制

長谷川閑史 武田薬品工業相談役
谷口将紀 東京大学教授
指導教授 曽根泰教 慶應義塾大学教授
指導教授 野中尚人 学習院大学教授
指導教授 古谷修一 早稲田大学教授
指導教授 小舘亮之 津田塾大学教授

対象大学

お茶の水女子大学・学習院大学・慶應義塾大学・上智大学・千葉大学・
津田塾大学・東京大学・一橋大学・早稲田大学 計9大学
(発表グループは大学混成グループとして構成)

第3回 ジュニア・アカデメイア政策提言発表会プログラム

日 時:2018年3月19日(月)13時00分~17時30分

場 所:ザ・キャピトルホテル東急 1階「鳳凰」
13時00分

開会

■開会挨拶:長谷川 閑史 ジュニア・アカデメイア校長
■進行説明:谷口 将紀 ジュニア・アカデメイア教頭

13時10分

グループ発表Ⅰ※各グループ25分(発表10分、質疑15分)

■働き方改革グループ(13時10分~13時35分)
「これからの働き方改革~真の共働きの実現を目指して~」
サマリー 報告書 発表映像
■政治グループ(13時35分~14時00分)
「循環する政治社会~参加・議論・評価の民主主義へ~」
サマリー 報告書 発表映像
■20万時間グループ(14時00分~14時25分)
「福縁社会構想~あなたの20万時間が持つ無限の可能性~」
サマリー 報告書 発表映像
■社会全体で子育てグループ(14時25分~14時50分)
「子育ての負担と喜びをわかちあえる日本~『おんぶ』から『おみこし』へ~」
サマリー 報告書 発表映像
14時50分

休憩

15時00分

グループ発表Ⅱ※各グループ25分(発表10分、質疑15分)

■イノベーショングループ(15時00分~15時25分)
「30年後も誇れる国づくり~日本発イノベーション再興戦略~」
サマリー 報告書 発表映像
■教育グループ(15時25分~15時50分)
「頼れるのは自分“自信”!~不安な世界を生き抜く教育のチカラ~」
サマリー 報告書 発表映像
■社会保障グループ(15時50分~16時15分)
「『私』が『社会保障』する、される。~安心して、挑戦に踏み出せる社会へ~」
サマリー 報告書 発表映像
■ワクワクグループ(16時15分~16時40分)
「日本ワクワク化構想~もう一人の自分を見つけよう~」
サマリー 報告書 発表映像
16時40分

休憩

17時00分

表彰

■ジュニア・アカデメイア賞
■特別賞(牛尾賞、茂木賞)

17時30分

閉会

■閉会挨拶:曽根 泰教 ジュニア・アカデメイア指導教授

※各グループの編成やテーマ、提言内容は、すべて学生の自主的な活動の成果です。主催者である日本アカデメイアの公式見解ではありません。

2018年4月11日付 日本経済新聞 夕刊 に掲載されました 詳細はこちら

フォトライブラリー

  • 開会挨拶 長谷川閑史 ジュニア・アカデメイア校長/長谷川閑史 ジュニア・アカデメイア校長 谷口将紀 ジュニア・アカデメイア教頭
  • 働き方改革グループ これからの働き方改革〜真の共働きの実現を目指して〜
  • 政治グループ 循環する政治社会 〜参加・議論・評価の民主主義へ〜
  • 20万時間グループ 福縁社会構想 〜あなたの20万時間が持つ無限の可能性〜
  • 社会全体で子育てグループ 子育ての負担と喜びをわかちあえる日本 〜『おんぶ』から『おみこし』へ〜
  • イノベーショングループ 30年後も誇れる国づくり 〜日本発イノベーション再興戦略〜
  • 教育グループ 頼れるのは自分“自信”! 〜不安な世界を生き抜く教育のチカラ〜
  • 社会保障グループ 『私』が『社会保障』する、される。 〜安心して、挑戦に踏み出せる社会へ〜
  • ワクワクグループ 日本ワクワク化構想 ~もう一人の自分を見つけよう~
  • ジュニア・アカデメイア賞『社会全体で子育てグループ』
  • 牛尾賞『政治グループ』
  • 茂木賞『ワクワクグループ』

ページトップへ