「ジュニア・アカデメイア」第2期生 政策提言発表会プログラム 平成29年3月13日 13時00分~ ザ・キャピトルホテル東京

ジュニア・アカデメイアとは

人材を育てるという「日本アカデメイア」の設立当初からのミッションに基づき、
志のある大学生・大学院生を対象として創設されました。
一方通行の講義ではなく、次の時代を担う学生が主体となって、
日本が直面する解決困難な課題について学び、考えることを主眼としています。
日本の将来を担う人たちが育つ新しい仕組みづくりとして、「中核的人材」の育成をめざしています。
今回の政策提言発表会は、ジュニア・アカデメイアの学生が
自主的にグループを編成し取り組んだ研究内容を政策提言として発表したものです。

運営体制

about

対象大学

about

第2回・政策提言発表会 プログラム概要

※当日の各グループのテーマや提言内容は、すべて学生の自主的な活動の成果です。主催者である日本アカデメイアの公式見解ではありません。

13時00分

開会

■開会挨拶:長谷川 閑史校長・武田薬品工業取締役会長
■進行説明:谷口 将紀教頭・東京大学教授

13時10分

グループ発表(発表10分、質疑10分)

■ソフトパワーグループ
「クールジャパンを超える日本の魅力発信!!」
サマリー 報告書 発表映像
■「誰もが『寄り道』できる社会」検討グループ
「『若者』の動機づけを促進する政策 ~各々の想い《Will》が尊重される社会を目指して~」
サマリー 報告書 発表映像
■働き方改革グループ
「『シン・働き方改革』 ~個人が働き方を選択できる環境づくり~」
サマリー 報告書 発表映像
■マイノリティ問題グループ
「多様性が尊重される社会へ」
サマリー 報告書 発表映像
休憩(15分)
■教育改革グループ
「ゆとり世代が物申す ~幼児教育に目を向けよ~」
サマリー 報告書 発表映像
■安全保障政策グループ
「もしフツーの女子大生が日本の安全保障を考えたら ~2030年 世界情勢の変化に備える~」
サマリー 報告書 発表映像
■都市創生(私たちが考える「東京大改革」)グループ
「忘れられた3000万人 ~自分の時間を取り戻せ~」
サマリー 報告書 発表映像
■エネルギー政策グループ
「『エネルギー大国日本』 ~『4E+S』を実現する~」
サマリー 報告書 発表映像
■医療制度改革グループ
「『進まぬ国の医療改革』 ~ICT化によるガラケー医療からの脱却~」
サマリー 報告書 発表映像
審査・休憩(25分)
16時50分

表彰式

■ジュニア・アカデメイア賞
■牛尾賞 ※当日は、佐々木毅・日本アカデメイア共同塾頭より審査、表彰をいただきました。
■茂木賞

17時20分

閉会

■閉会挨拶:曽根泰教・慶應義塾大学教授

平成29年3月31日付 日本経済新聞 夕刊 に掲載されました 詳細はこちら

フォトライブラリー

ページトップへ